SEO対策に最適な文字数

SEO対策に最適な文字数

明確な文字数はないが…

SEOには明確な基準がありません。

昨日まで使えていたSEO対策が急に使えなくなることもあります。

しかし、SEOに文字数は関係していると考えられています。

 

その理由は、ページ上位に表示されているサイトは文字数が多いからです。

どの記事よりも詳しく書けば、必然と文字数は多くなりますよね。

つまり、重要なのは文字数ではなく、内容の充実度です。

 

ページ滞在時間

読者のページ滞在時間が長いと良質なサイトと判断され上位に上がりやすいといわれています。

そのため、文字数が多いとページの滞在時間が長くなり、SEO対策になるということです。

ページの滞在時間を長くしようと思えば、読むのに時間がかかるようにする必要があるので、最低でも1000文字以上は欲しいところです。

 

ページの平均滞在時間はGoogle Analyticsで確認できます。

 

ライバルの分析

狙っているキーワードを検索したときに、ライバルがどれくらいの文字数で記事を書いているかを調べます。

上位に表示させたければ、ライバルが書いている内容よりも詳しく記事を書いて、ライバル以上の文字数で記事を書くことを目安としてください。

 

反対に、検索したときにライバルがかなりの文字数で記事を書いており、それ以上詳しく書けないと判断した場合はそのキーワードで書かないという判断をすることも大切です。

時間をかけて書いても抜かせないなら、時間の無駄になってしまいます。

別のキーワードを狙いましょう。

 

滞在時間とライバルを意識する

ページの滞在時間を意識すれば最低1000文字以上、それ以上の文字数の目安はライバルの記事です。

したがって、SEO対策に最適な文字数は1000文字以上~ライバルに勝てる文字数となります。

 

ただし、ただ長い文章だけで中身がない記事は読者が離れてしまい、ページ滞在時間も短くなります。

重要なのは、読者が知りたい情報を丁寧に詳しく書いてある記事です。

常に読者のことを考えた良質な記事を書くことを意識しましょう。