Webクリエイター能力認定試験の資格を取ってよかったこと

Webクリエイター能力認定試験の資格を取ってよかったこと Web制作
スポンサーリンク

「Webクリエイター能力認定試験」という資格をご存知ですか?

私はスタンダードとエキスパートの2種類のうち、エキスパートの方を取得しているので、資格についてや持っていてよかったこと、面接のときに有利なのかどうかをお話しします。

(この資格の取得をおすすめする記事ではありません。)

 

ラムネ
ラムネ

ちなみに私はほぼ満点で合格しました。

(意味のない自慢)

 

スポンサーリンク

資格について

サーティファイが主催・認定をしている民間の資格で、合格すると認定書がもらえます。

履歴書にも書くことができる資格です。

 

この資格を持っていると、htmlやcssを正しく理解している、Web構築ができるといえます。

 

 

スタンダードとエキスパート

先述した通り、この資格にはスタンダードとエキスパートがあります。

スタンダード基本的なことがわかっている
エキスパート
  • 新規サイト
  • スクリプトを使用した動きのあるサイト
  • ユーザビリティ※1、アクセシビリティ※2を意識したサイト
  • マルチデバイス対応

これらのサイト構築ができる

スタンダードはhtmlやcssなどを含め、Webについて基本的なことがわかっていること、エキスパートは基本的なことに加え、より高度なサイトを構築できる力があることを証明できます。

 

※1…サイトを訪問したユーザーの満足度(使いやすさやわかりやすさなど)

※2…アクセスのしやすさ(高齢者や障がい者など誰でもサイトにアクセスできる・閲覧できる)

 

 

試験内容

試験はWebの知識問題(選択式)と、実技があります。

実技は、指定された通りにhtmlやcssを記述します。

過去問をやっていれば問題ありません。

 

 

試験を受験するには

全国のパソコン教室などで受けられます。

試験の日程などは、実施する場所によって変わるので、詳しくはサーティファイ公式サイトの「試験に申し込む」を確認するか実施施設に問い合わせてみてください。

 

 

メリット

資格を取得してよかったと思うことや、役に立った場面を書きます。

 

 

履歴書に書ける

Web業界では資格よりも経験を重視されますが、これからWeb業界で働きたいと考えている方や未経験の方は資格を持っていることで、基本的なことできるということを確実にアピールできます。

 

 

資格取得のための勉強が役に立つ

資格を取るために過去問をやったり、Webについての知識を深めたことはかなり役に立っています。

 

 

デメリット

資格を取らなければよかったと思うことはないのですが、周囲を見て考えられるデメリットを挙げます。

 

 

資格と実力の差

他の資格もそうだと思いますが、資格を取るためだけの一時的な知識だと資格に見合った実力があるとは言えません。

特にWeb業界では「ポートフォリオ(作品)」を持って面接に挑むことが多いと思うので、ポートフォリオのクオリティが低いとそこに差が生まれてせっかくの資格を活かせないことがあります。

 

 

取得していない人も多い

正直、資格は持っていないけど知識が深く技術もあるという方がたくさんいます。

この資格は持っていなければならないわけでも、特別な知識があることをアピールできるものでもないのです。

 

 

資格取得をおすすめする人

先述した通り、この資格は持っていなくても困るものではありません。

それでもあえておすすめするならば、

 

  • 何も資格を持っていない
  • 自分の実力を知りたい
  • 知識がなく、何から勉強すればいいかわからない
  • パソコン教室でWebの勉強をしている

 

上記に当てはまる方は試験に挑戦してみてもいいと思います。

 

 

ちなみに私は職業訓練校に通っていたときに取得して、未経験でも就職することができました。

 

資格が決め手になったとか資格を持っていなかったら受からなかったというわけではないと思いますが、私は資格を取るために職業訓練校で勉強をして、こうして今でもWebに携われているし、自分の武器になっているので、資格を取ってよかったなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

Web制作
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
149cm