ホームページ作成の仕事がしたい人におすすめの資格

ホームページ作成の仕事がしたい人におすすめの資格

 

ホームページ作成する仕事やってみたいねんけど、資格っている?
いなり
いなり
ラムネ
ラムネ
いらんけど、おすすめの資格はあるで

Webクリエイター能力認定試験がおすすめ

ホームページ作成の仕事をするなら資格は必要ありません。

ですが業界的に忙しく、知識がない未経験を育てるのは難しいのが現状。

Web業界での「未経験歓迎!」は知識はあるけれど、実績がない・業界で働いたことがない人のことを指すことが多いです。

情報系の学校に通っていたのでHTMLやCSSはわかるけれど、仕事としてやったことはない…など。

 

つまり、知識もない新卒でもない”ド素人”がホームページ作成のお仕事をしようと思ってもなかなか雇ってもらえないということです。

なので知識をつけられて、且つその証明になる資格は持っていて損はないといえます。

 

私がおすすめするWebクリエイター能力認定試験はホームページ作成の知識があると証明できる資格です。

 

▼Webクリエイター能力認定試験の詳細はこちら

Webクリエイター能力認定試験Webクリエイター能力認定試験とは

 

資格を取得するメリット

履歴書に書ける

Webクリエイター能力認定試験は、サーティファイが主催・認定をしている民間の資格で、合格すると認定書がもらえます。

スタンダードでもエキスパートでも履歴書に書くことができるので、知識があることをアピールできます。

 

資格取得のための勉強が役に立つ

資格を取るために過去問をやったり、ホームページ作成についての知識を深めたことはかなり役に立っています。

私はハロートレーニング(職業訓練)で資格を取得しました。

 

▼ハロートレーニング(職業訓練)についてはこちら

フリーターにおすすめ!ハロートレーニング(職業訓練)の体験談フリーターにおすすめ!ハロートレーニング(職業訓練)の体験談

 

自信がつく

面接では資格を持っているので知識や向上心をアピールすることができます。

資格はしっかり勉強しないと取得できないので、自ら勉強する向上心があることを裏付けることができますよね。

 

私も資格を取得する前は知識も経験もないし…と応募すら躊躇ってしまいましたが、知識を得たことによって面接を受けてみようという気になりました。

 

デメリット

資格と実力の差

他の資格もそうだと思いますが、資格を取るためだけの一時的な知識だと資格に見合った実力があるとは言えません。

特にWeb業界では「ポートフォリオ(作品)」を持って面接に挑むことが多いと思うので、ポートフォリオのクオリティが低いとそこに差が生まれてせっかくの資格を活かせないことがあります。

 

取得していない人も多い

正直、資格は持っていないけど知識が深く技術もあるという方がたくさんいます。

この資格は持っていなければならないわけでも、特別な知識があることをアピールできるものでもないのです。

あくまで未経験者が、基本的な知識があることを証明する資格です。

ホームページ作成する仕事に就職できた

私は資格を取得して、ホームページ制作の会社に正社員として就職できました。

もちろん未経験です。

資格を取得していなかったらポートフォリオも作成できなかったし、何もアピールするものがありませんでした。

 

就職後も即戦力として簡単な商品ページ作成はすぐに任されましたし、先輩が使う専門用語も理解できたので資格を活かすことができたことが嬉しかったです。

 

これからホームページ制作会社やWeb担当を目指したいという方はぜひ検討してください。